「ゲームやってて何になんの?何の役にも立たないよね」という質問にオリンピック柔道金メダリストの回答が「説得力ありすぎ」と話題に

「ゲームやってて何になんの?何の役にも立たないよね」という質問にオリンピック柔道金メダリストの回答が「説得力ありすぎ」と話題に

「ゲームやってて何になんの?何の役にも立たないよね」という質問にオリンピック柔道金メダリストの回答が「説得力ありすぎ」と話題に

game_TOP

注目記事
ゲーム好きの東大生が「これだけはやってはいけない」というゲームがこちら

1: 名無しのPS5速報さん 2022/10/22(土) 15:54:49.39 ID:3Aq5RL409

https://www.gamespark.jp/article/2022/10/21/123686.html
2022.10.21

ゲームを遊ぶ人であれば、一度は聞かれるであろう「ゲームやってて何になんの?」という質問。それに答えたオリンピック金メダリスト、高藤直寿選手の言葉が「説得力ありすぎ」と大きな注目を集めています。

高藤選手は2021年7月開催の東京オリンピックにて、柔道男子60キロ級で見事金メダルを獲得。さらに今月上旬に行われた世界選手権でも金メダルに輝き、日本人男子において“世界選手権金メダル獲得数歴代トップタイ”となるほどの実力者です。

また、ゲーム好きとしても知られており、フジテレビの柔道番組では『フォートナイト』の魅力を熱弁。さらに『ポケットモンスター』最新作では「ナンジャモ推しになるかも」と、新作ゲームのチェックも欠かしません。

そんな高藤選手は、「ゲームやってて何になんの?」「ただ楽しいだけでなんの役にもたたないよね?」という質問にどう答えたのか。

no title

同選手は、「小さい頃からゲームをやってたおかげで、手順さえ間違わなければボスに負けないことを学び、柔道でもその思考で基礎を大切にしながら1番勝ちやすい方法を考え頭の中に柔道の攻略本を作るようになった。」とツイート。そのうえで、「オリンピックで金メダル取れた。夢叶いました。」と結んでいます。

この回答にTwitter上では、「説得力がありすぎる」「優勝しかない」といった反応が多々。特に、“柔道の攻略本”という表現はゲーマーの心に刺さりそうです。

高藤直寿選手
https://www.gamespark.jp/imgs/zoom/622239.jpg

2: 名無しのPS5速報さん 2022/10/22(土) 15:55:50.77 ID:wWSSAH9l0
イケメン

6: 名無しのPS5速報さん 2022/10/22(土) 15:56:48.64 ID:Z9rqTbWE0
極論言うと人生そのものも無くたっていいし

続きを読む

続きを見る


PS4速報!カテゴリの最新記事